夢への作戦、それは無謀ではない

天気の良い平日の夕方に椅子に座る

「勘違い」について、どう感じる?「悪ガキ」とは、常識的にはどう認識されているのだろうか。別に考察するわけじゃないよ。
  • HOME

無我夢中で吠えるあの人とぬるいビール

盆だとしても里から離れて生きているとあまり感じることがないが、せめて、お供え物くらいはと考え実家へ届けた。
里方に暮らしていたら、香を握りしめて父祖の迎えに向かって、御盆の幕引きに送り届けに行くのだが、離れて暮らしているので、そういうふうに実行することもない。
ご近所の方々は、香をつかみ霊前に出向いている。
そういう状況が視野にはいってくる。
常日頃より墓所のあたりにはいっぱいの車がとまっていて、お参りの人もめっちゃ多く見える。

ノリノリでダンスするあの人と気の抜けたコーラ
仕事として、日光市へ行くこととても多かった。
北関東地方にある日光市は栃木県にあり、内陸の県で、高い峰に囲まれている。
そのことから、冬が来ると雪が降り、除雪車やチェーンが必要だ。
紅葉が始まると、東北道で、2泊3日で行って、無事に帰り、また2泊3日というパーターンが多くて、テレビなどのメディアで日光が登場すると懐かしく思ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は旅をしてほしい市だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、見どころはやはり東照宮。
江戸を整備した家康の墓があるところで、境内の厳かな様子に驚くと思う。
そして、いろは坂を上るとたどり着ける日光湯元温泉。
硫黄泉とのことで、乳白色で高温の温泉。
この温泉を浴びると冷えにも良いと思う。
日光東照宮建立当時、このお湯を目指してかなりの人数の湯治客が集まったらしい。
情景が想像できる古い歴史を持つ栃木県日光市。
民宿の紹介も一緒にハイウェイウォーカーなどに紹介されているこの場所に、また行きたいと考えている。

前のめりで跳ねるあの人と僕

私は昔、正社員として多くの人に囲まれて働いていた。
しかし、数年たつと、誰かと共に何かをするというのが無理だと痛感した。
拘束時間が時間が長い上に、チームで行うので、仕方のない事だが、噂話が多数。
うわさを元に、仲よくすれば上手くやっていけるのかもしれない。
しかし、本人の自由では?としか思えない運命なのだ。
その上、作業が遅い人に合わせて進めるという努力ができない、早い人に合わせられない。
そもそも努力不足!と思うだろうが、母にはそういう運命だと言われた。

騒がしく走る子供と履きつぶした靴
何年か前から、鹿児島に住んで大型台風を大変気にすることになった。
風の被害が全く違うからだ。
九州北部に住んでいたことも埼玉に住んでいたこともあるのだけれど、台風の風の被害が全く違う。
サッカーのゴールポストが転がり走ると話を聞いた時は、大げさだと思ったが、本当だった。
大型台風が通過した後は、高いヤシや大木は道に倒れ、海辺の道路は海からのゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海沿いの家や民宿では、車両のフロントガラスが破損したり、民家のガラスが破損し、風が入って天井が壊れたりと嘘だと考えていたようなことを見た。
真上を通らずにかすっただけでも風はとっても強く、古い民家にいると家の揺れる音がめちゃめちゃ心配してしまう。

陽気に踊るあの子と花粉症

さやかちゃんは見た目はおとなしそうに見えるけれど、活発な女性。
愛しの旦那様と、2歳の賢治の、一家で、イタリアンレストランのななめ向かいのマンションに住んでいる。
一般事務の仕事も育児も完璧に行い、多忙だけど、時間の使い方は得意。
少しでも暇を見つけると、遊びに行っていい?と絶対電話を入れてくれる。
私は喜んでミスドを購入し、彼女の家におじゃまする。

控え目に泳ぐ兄さんと夕焼け
去年の夏、ガンガン冷やした部屋の中で冷たい飲み物だけ飲んでいた。
私は外に出ると熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが大事だと考えたから。
クーラーの効いた部屋で、薄着、そしてレモネードにカルピスで涼しさを求めた。
なので、快適に過ごせたと思い込んでいた夏。
秋が過ぎ、やってきた冬の時期、例年よりももっと震えを感じることが増えた。
部屋の外に出る仕事内容がしょっちゅうだったこともあるが、寒すぎてコンビニへすら出れないという状況。
なので、たぶん、猛暑の中の過ごし方は冬の冷えにもつながると思っている。
多く栄養を摂取し、偏りのない過ごし方をするのが懸命だと思う。

息もつかさず自転車をこぐ兄弟と擦り切れたミサンガ

お願いされて、知り合いの所有地のモウソウダケの伐採を助太刀していたが、高すぎる竹が非常にうじゃうじゃ生えていてつらかった。
知人が土地の管理を親から引き継いで、大きな竹が密になっていて、手入れのしようがなかったそうだ。
俺は、仕事で運用する青竹が手に入れたかったので、もらえることになり、タイミングが良かったが、道もない山から出すのもつらかった。

余裕で大声を出す先生とぬるいビール
北方版水滸伝の血が通っていて凛々しい人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主なキャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の作中人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
キャラクターに実際の人の様な弱さが見えるのもやはり、はまっていたわけだ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に能う限り 頑張っているのが読んでいて魅了される。
読みとおしていて楽しい。
それなのに、心ひかれるキャラクターが悲しい目にあったり、夢がなくなっていく流れも胸にひびくものがあるから心ひかれる長編小説だ。

勢いで跳ねる彼と冷たい肉まん

少年は今日、学校の給食係だった。
マスクと帽子をつけて、白衣を着て、他の給食当番のみんなと、今日の給食を給食室に取りに行った。
今日の主食は、お米ではなくパン。
バケツのように大きなフタつきの鍋に入ったシチューなんかも。
少年は、最も重い牛乳だけは、男が持つべきだろう、と考えていた。
クラス皆の分38本はかなり重い。
なので自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
牛乳は重いので女子には運ばせたくなかったけれど、同じクラスで気になっているフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思ったので、少年はちょっとドキドキしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を持って行くことにした。

具合悪そうに歌う子供と擦り切れたミサンガ
久しく行ってなかった出張の際、初めて仕事で組んだAさんは、大きな方だ。
初めてお会いした時から厳粛で、個人的な会話は少しもしたことがなかった。
その際、何気なくAさんの腕まくりした腕をみて衝撃を受けた!
一つ一つが大きなパワーストーンブレスが何連もつけられていたため。
咄嗟に、パワーストーン興味があるんですね!と言ってしまったほど。
にっこり笑ったAさんは得意げで、しかも笑顔で、種類別のストーンの名前を教えてくれた。

Copyright (C) 2015 夢への作戦、それは無謀ではない All Rights Reserved.

Page Top