夢への作戦、それは無謀ではない

涼しい平日の夜は焼酎を

「ビール」は嫌いかな?好きかな?いろいろ意見があるかもだけど、さほど悪いものじゃない気がする、「トニックウォーター」って。そうは考えない?
  • HOME

湿気の多い土曜の夕暮れに座ったままで

新入社員の時、株の取引に好奇心をもって、購入しようかとおもったことがあるけれど、しかし、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードに好奇心があったのだけれど、しかし、頑張って稼いでためた貯蓄が簡単に減るのが恐怖で、買えなかった。
楽天証券に口座は開設して、使用する資金も入れて、パソコンのエンターを押すだけで購入できる状態に準備までしたけれど、怖くて買うことが出来なかった。
一生懸命、働いて稼いだお金だから、他の人から見たら少なくてもでも無くなるのは恐怖だ。
けれど一回くらいは買ってみたい。

勢いで話す父さんと濡れたTシャツ
名の通った見学スポットである、斑鳩寺、つまり法隆寺へ足を運んだ。
法隆寺式伽藍配置も充分見せてもらい、立派な五重塔、講堂も見学できた。
資料館では、国宝に指定されている玉虫厨子があり、考えていたよりも小さなものだった。
法隆寺に関して勉強するにはおそらく、かなりの時を欲するのではないかと感じている。

目を閉じて自転車をこぐあいつと霧

友人が、自分の部屋のベランダで、トマトを作っている。
実ったらサラダを作る予定だという。
育てているとは言うものの、あまり水も肥料も与えないし、ベランダでたばこを吸うので、トマトの生活環境はぜんぜん良くはない。
丸1日、何もあげてないという場合の、その見た目は、葉っぱがしょぼんとしていて、人間がガッカリしているシルエットに見えなくもない。
かわいそうになったので、水と肥料を豊富にあたえると、あくる日の明け方のミニトマトは元気に復活していた。

薄暗い土曜の午前は冷酒を
今日この頃、テレビで、マクドナルドのチキンナゲットの味を再現するレシピというふうに紹介していました。
めっちゃ似ていそうだと思って、妻に調理してもらったが、マクドナルドのチキンナゲットの味ではないけれどおいしかったです。
衣がほんの少し違ったけれど、中身は、同じチキンなんだから、私程度ぐらいではわずかの違いは何とも思わずたいそうおいしかったです。

余裕で大声を出す兄弟と公園の噴水

銀座のクラブのお姉さんを発見すると、素晴らしいと思う。
というのは、しっかり手入れしたルックス、トーク術、そのための努力。
お客に全て勘違いをしてもらわないで、ビジネスだとちらつかせながら、常連になってもらう。
たまに、もしかするとコイツ、自分に本気なのかな?と思ってもらう。
このバランスのとり方が、どんな職業よりも、絶妙だ。
それは置いといて、私は人気のホステスさんたちの給料が凄く知りたい。

寒い休日の夕暮れに立ちっぱなしで
ある日、石垣島に出張に向かった。
日差しがかなり暑い!
Uネックのカットソーの上から、ジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、上着の背広は大変なことに。
ホテルにまで入って、仕方なくLUSHの石鹸で洗った。
翌日そのジャケットはイチゴの匂いがした。
ジャケットが痛むのではないかと気になったけれど、それでも洗わなきゃいけない心に決めていた。

雨が降る祝日の午前に想い出に浸る

「富士には月見草がよく似合う」と言う名文を記したのは小説家の太宰治だ。
太宰はバスに乗り、御坂峠を通り、今の甲府へ向かっていた。
バスでたまたま一緒に乗ったおばあさんが、「月見草」とつぶやく。
その時、気付いた太宰の視界に映ったのが、月見草、その隣に富士山だ。
富岳百景の一部のこの部分は、名峰富士を説明するときに欠かせないと思う。
たくさんの文芸に出てくる、3776mの名山だ。
どこからどう見ても、同じく、綺麗な形をしているために、八面玲瓏という表し方がよく合うと口にされる。
全くだと思う。
私が感動したのは、秋の名山、富士山だ。

ぽかぽかした木曜の夜はビールを
今考えると、中学から高校生まで心から向学心を持って生活していなかった。
他の生徒たちが一生懸命に学んでいても、私は言われた通りの内容をなんとなくやるといった感じだったと思う。
だけど、専門学校に入学してから私の興味のある分野の勉強に変わると、内容がどばっと頭に入るようになった。
ついに、会社に入り、研修期間を過ぎて責任のある業務を任されると、どうしても頑張って勉強せざるを得なくなった。
やりたくないなんて感じる暇もなく、何よりも知識を取り入れる日々が続いた。
このような生活をしばらくすると、次は学校時代に怠った学習をやり直したいと考えるようになった。
現在では、同じことを思っている人が当時のクラスメイトに何人もいる。

笑顔でお喋りするあいつと飛行機雲

先日、麻衣子と明日香と旅に行ってきました。
2人とも、私の大学の同級生で、一緒に学んだクラスメイトです。
しかも、力を入れていたのが旅行関係と観光英語なので、観光が、好きな生徒たちであふれていました。
なかでも、麻衣子と明日香を含む仲良し6人で色んな土地へ宿泊した思い出は懐かしい。
私は元々それ程仲のいい友達が多い方でもないし、それでそれで良いと感じています。
なので、純粋に喜んだけれど、すぐ隣で麻衣子が満足しているような顔をしてくれたのもポイントでした。

余裕で話す兄弟と濡れたTシャツ
暑い季節はビールがすごくおいしいけれど、ここ最近そんなに飲まなくなった。
大学生のころは、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日にお酒が残るようになってそんなに飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時はとってもあこがれ、行くのがとても楽しみだったけれど、会社の関係でうんざりするほど行って、俺の心の中では、現在、印象が悪い。
けれども、取引会社との付き合いの関係で大変久しぶりにビアガーデンに行った。
とても久々にうまかったけれど、調子にのってすごくビールを飲みすぎて、やっぱり、翌日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

Copyright (C) 2015 夢への作戦、それは無謀ではない All Rights Reserved.

Page Top